当社のCSR (Corporate Social Responsibility)

推進体制

  (1)CSR推進室の立ち位置

    第三者委員会的な立場と視点で、他部門に属さない独立した形態で公平公正に
    既定の概念にとらわれず広範なCSRに横断的に取り組んでいくための専任部署とします。







   「CSR推進室」は、企業の環境的側面、社会的側面そして経済的側面いわゆる
   トリプルボトムラインの均衡がとれた経営を目指し、社会からの期待や要請に応えるべく
   当社の各部署が横断的に連携してCSR活動を推進できるよう以下に掲げる事項について
   活動していきます。

    1. CSR経営の基本方針およびCSR推進活動の基本計画の立案
    2. CSR経営の社内推進体制の構築と整備並びに改善、是正提案、評価
    3. CSR推進活動の年次重点課題の策定と推進
    4. CSR教育
    5. CSRレポートの作成
    6. CSRにかかわる社内外PR対応



  (2)CSR推進全体委員会

    CSR推進全体委員会は、代表取締役社長(又は代表取締役社長が指名した者)を委員長とし、
    部門管掌役員、QMS責任者、EMS責任者、安全衛生責任者、CSR推進室により構成され、
    CSRにかかわる方針および事業活動に関する経営会議等への提言並びに改善、是正、
    CSR経営全般の社内浸透等を行う目的として開催します。
    また、部門管掌役員、QMS責任者、EMS責任者、安全衛生責任者、CSR推進室により構成
    されるCSR推進臨時委員会も組織します。


  

  (3)将来への展望

    CSR推進体制を確実かつ継続的に構築し、下記に掲げた将来の展望を踏まえ基本的CSRから
    戦略的CSRへ飛躍できるよう積極的に推進しながら社会に対する責任と対応力を果たし、
    ステークホルダーの信頼を高め企業価値を向上させる旗印として邁進していきます。


    1.着実に浸透するCSR体制造り

    (1)CSR推進体制の継続的構築
    (2)持続可能性報告書(CSRレポート)発行
    (3)多様なステークホルダーとの対話
    (4)CSR調達基準の策定


    2.急がれる規律ある組織・風土の構築

    (1)品質・安全性の保証体制、事故・トラブル対応、公正取引・競争の徹底、情報保護体制
    (2)コンプライアンス体制の確立


    3.優れた経営の継続に向けたガバナンスの確立

    (1)株主総会の活性化
    (2)社外の視点の導入
    (3)経営層の評価・交代のプロセス


    4.CSRを意識したイノベーションの推進

    (1)CSRを意識した新製品・サービスの開発
    (2)温暖化防止、温室効果ガス削減
    (3)人財活用のイノベーション(ダイバーシティの推進)


このページの先頭へ